桶谷式とは

桶谷式治療手技(乳房マッサージ)は、故桶谷そとみ先生が考案されました。

桶谷先生は、第2次世界大戦の時、旧満州で助産師として働き、寝食も忘れて妊産婦のケアをされました。 大人も子どもも栄養状態が悪い中、乳房管理が適切なら、「母乳は必ず出せる」という信念を持って、 乳房治療手技を研究し開発されました。40年以上にも及ぶ臨床経験をもとに、 私たち助産師に「桶谷式乳房管理法」を残して下さいました。

乳房の状態を良好に保つことで、母乳の質(おっぱいの味や色など)は良くなり、
赤ちゃんも健康に育ち、お母さんの体内循環機能も良くなります。

しかし、乳腺炎や乳頭損傷、陥没・扁平乳頭などで、赤ちゃんがおっぱいを飲みにくいような場合がありますが、 桶谷式手技と授乳指導(抱き方と飲ませ方)で、赤ちゃんがおっぱいを飲みやすくなるようサポートします。

また、育児相談、授乳中の社会復帰や、断乳(卒乳)などの相談に応じています。
なお、この桶谷式認定者が母乳育児専門家として、全国で活躍しています。





メインメニュー



ご予約はこちら



リンク


携帯サイトはこちら!



携帯からカレンダーの
確認ができます!